top > 着物情報 > 着物を選ぶときは季節をちゃんと考えよう

着物を選ぶときは季節をちゃんと考えよう

 着物を通販で購入する際には、ちゃんと季節ごとに選び方があるというのをご存知ですか。着物自体だけではなく、ちゃんと帯にも季節に応じたデザインや柄があります。通販は実際に物を見れる訳ではありませんし、解らなくても店員さんに聞く事が出来ません。ですので、着物を購入する際には、きちんと知識を身に着けた上で購入をするように心掛けましょう。
 では、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。まず、着物の衣替えをちゃんと理解をしておきましょう。衣替えは6月に冬物から夏物に切り替えます。そして、10月に夏物から冬物へと切り替えをします。これは着物を着るうえでの決まり事になりますので、絶対に覚えておいて下さい。


 冬の着物は袷になります。裏地を付けて仕立てた着物になりますので、非常に温かくなります。表地と八掛の色合わせで季節感を出すこともありますので、裏地であったとしても、八掛はおしゃれのポイントだと言えるでしょう。
 夏の着物は単です。裏地をつけずに仕立てます。透けない木綿を使って単に仕立てた浴衣は、夏の気軽な普段着だと言えます。また、真夏になりますと、単よりも薄いうすものを着ます。麻などを使用して、張りが合って薄く透ける生地になりますので、見た目の非常に涼しく見えるでしょう。このように季節に応じて着物の生地も変わりますので、それに合わせた帯を選ぶ必要があります。


 近年は、昔よりも冬と夏の気温の差が激しく、夏場は特に蒸し暑くなる傾向にあります。そのため、夏用の帯には素材が豊富にありますので、自分に合ったものを購入するようにしましょう。
 まず、絽の場合は、絡み織で織る薄手で透ける絹織物になります。そして、紗は、捩織で織られた薄手で透ける絹織物になります。絽と合わせた絽紗あわせもあります。絽つづれは、全体に絽目があり、つづれ織で模様を織り出した高級の夏帯になります。
 紗献上は、博多織の献上柄で、紗の名古屋帯です。夏帯の定番の1つになりますので、1本持っておくと良いでしょう。
 博多は、細い縦糸を多く使い、太い横糸で織る博多独特の絹織物になります。そして、麻は、ざっくりとした素材感と粗い織り目の夏帯になります。初夏用と区別する人もいますので、こちらも1本持っておくと良いでしょう。このように、帯には色んな種類がありますので、季節に応じたものをチョイスするようにしましょう。日本は季節がハッキリしているからこそ、上手にオシャレを楽しみましょう。

PAGE TOP